塗装が剥がれている場合

屋根のひび割れは放置してはいけません!

コンクリートのひび割れから湿気や雨が内部に入り込んでしまい徐々に内部に水分を溜めこむようになります。
少しづつ入り込む事により内部の鉄筋を錆びさせてしまうのです。
錆びは金属を膨張させる為ひび割れのスピードを加速させてしまいます。
こうなると外壁を含めた塗装のリフォームが必要になります。

特に、アパートの屋根部分に見られるひび割れは一見、表面に起こっているものと思われがちですが、無視してはいけないケースもあります。
所々に小さく見られるひび割れであればむしろマンションやアパートによく見られる表面上のひびになるので問題はありません。
しかし、波打つように深くひびが入っている場合は、内部にまで水分が浸透している可能性が高いです。
その場合は、近い内に雨漏りを引き起こしてしまうと思います。

地震で倒壊する可能性もあります

雨漏りを放置しておくと、前の記事でも紹介したように、内部の鉄筋が腐食してしまうだけではなく集合住宅全体の耐震強度も低下してしまうのです。
集合住宅でよく雨漏りが見られる原因の一つとして考えられているのは、窓や壁からの雨漏りが多いと言います。
賃貸だと管理会社に連絡をして、リフォームが必要かを判断して貰うようになります。

雨漏りが一部の住居のみに見られるのであれば、リフォームの規模は軽く済むのですが、全室で雨漏りが見られるようであれば全体的なリフォームが必要になります。
そうなると内部から補修しないといけないので一室一室を回って修繕するようになるので、規模は小さくても時間はとてもかかるようになると思います。
しかも外部の人間が個人宅に出入りするので住人も大変だと思います。


この
記事を
シェア

TOPへ