雨漏りの原因で考えられるべき事項

雨漏りした際のリフォーム規模はどれくらい?

雨漏りをする前に屋根自体を新しくしよう

雪や雨や台風や日差しの影響を直に受けているのが屋根です。 築年数と同じで屋根もだんだんと劣化していくのです。 このような自然の力でも空いた隙間から雨漏りする場合もあります。 雨漏りの箇所が少ないのであれば隙間がある所だけをリフォームするだけで雨漏りはしなくなります。

雨漏り箇所が少ないなら

築年数がだいぶ経過している古い住宅やマンションでよく見られるのが雨漏りです。
様々な自然災害の影響を受けているのが屋根であり、それは前の記事でも紹介したように、築年数と共に老朽化していきます。
大切な家を守る屋根の劣化は家全体の危機でもあるのです。

耐久性や耐熱性が低くなるだけではなく、暑さや寒さから身を守る事が難しくなってしまうのです。
家の快適性にもとても大きく影響してきます。
あまりにも築年数が古い場合は、雨漏りをする前に大々的にリフォームする必要があると思います。
ずっと家族が安心して暮らせる家を保つ為には、家の補強も大切なのです。

屋根のリフォームは約20年おきを目安と考えてリフォームをしていくのが良いみたいです。
築年数が古い場合は、屋根だけをリフォームしても良くならない場合もあります。
そのような時は家を壊して建て替えたり少しづつリフォームを繰り返して家を綺麗に強く生まれ変わらせる必要があります。
屋根は家の中でも最も傷みやすい箇所でもあるのです。

古い家は多くが瓦を使用している事だと思います。
瓦がずれていたり欠けていたりすると、そこから雨漏りしやすい状態になってしまうのです。
その為、定期的に屋根に上がって瓦の状態を調べてリフォームが必要な時期を見極める事も重要です。
特に家が木材の場合、雨漏りすると木が腐ってしまいシロアリの被害にあったり家全体が傾いたりしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

塗装が剥がれている場合

戸建の住宅の塗装の寿命は平均すると約10年以上は持つと言われています。 その為、災害があった時に、何かがぶつかった拍子で傷や塗装が剥がれてしまう事で雨漏りが生じる場合もあります。 なので、その時は漆喰を混ぜて塗り直す必要があるのですが早くて3日でリフォームは終了します。

防水シートが破れている

屋根の下に防水シートを敷く事により雨漏りを防いでいるのですが、劣化や腐食により早く破れたりしてしまいそこから雨漏りが発生するケースもあります。 また、建築時に敗れたままの防水シートに気づかずに使用してしまい、雨漏りが新築でも起こる時もあるようです。 リフォームの規模は、中程度で1週間程度かかります。

TOPへ